Skip to content

歯医者の比較は重要です

私の前歯は隙間がありとても悩んでいました。

前の職場に入社した初日に隣の部署に挨拶に行ったときそこの部長に「君はすきっ歯だね」と言われ、矯正を決意しました。色々と調べ費用や評判を比較し南青山にある矯正歯科に通い始めました。矯正用のワイヤーを取り付けるため小さな金属をはにつけ、そこにワイヤーをつけ矯正するのです。

私の場合は歯の表面に付けたのでその金属が当ってとても痛かったです。何度も血がでました。食べることが嫌になり3kgほど痩せました。矯正は1年半で無事終わりきれいな歯並びを手に入れ最初に食べたかったのはフランスパンでした。

その後も私の食欲は日々膨れ上がり甘いものもたらふく食べてました。矯正から3年後くらいに今度は虫歯ができ近所の歯医者に行きました。矯正したにも関わらず私の前歯は少し隙間ができてきており、そのことを先生に聞くと、「貴方の場合、乱交歯ではなく隙間だけなので歯と歯の間の筋肉をちょっと切るだけで治るよ」と言われました。

つまり矯正する必要は無かったのです。あんなに調べて比較検討し時間と費用をかけたにもかかわらずそれは無駄だったのです。最初に行った矯正歯科ではそんな事は一切言ってくれませんでした。

歯医者の言うことだから間違いないと思ってはいけないんだ、歯医者にしても、セカンドオピニオン的に、別の病院でも治療方法が妥当なのかよく検討した方が良いのだと気付かされました。情報過多な時代といいますが充分な比較検討は必要不可欠です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です