Skip to content

マイクロスコープを取り入れた歯医者について

歯磨きをしないでいると口の中に食べカスが残ったままになってしまうので、口の中に残った食べカスが原因となって虫歯になってしまいます。

歯磨きは虫歯を予防するためにも非常に大切なことですので、歯磨きは必ずしっかり行うようにしましょう。虫歯ができてしまった場合には、必ず歯医者に行かなければなりません。歯医者に行かないといけない理由は虫歯は治療を行わなければ完治することがないからです。

ですので、虫歯をそのままにしていれば虫歯はどんどん大きくなってしまって悪化してしまいます。虫歯が悪化してくると痛みを感じたりと様々な症状を出てきてしまいます。最近の歯医者での虫歯治療にはマイクロスコープを取り入れている場合も多くなってきています。

肉眼では歯を見るのに限界がありますが、マイクロスコープを使うことによって肉眼では見ることのできなかった細かい部分まで見ることができるので精密な治療が可能となり、治療ミスのリスクも減ってきます。

マイクロスコープの他にも最近の虫歯治療では痛みを感じない治療だったり、歯を削らないで治療など昔に比べると様々な治療方法が出てきています。

特に歯を削らない治療のレーザー治療は歯を削らないだけでなく、痛みを感じることもほとんどありませんし、さらにはレーザー治療を行うことによって歯の表面が強化されるというメリットを持つ治療方法になっています。歯の表面が強化されると虫歯になりにくい歯にすることができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です